2011年06月29日

愛犬のお留守番(暑い日)

まだ6月だというのに、松山では連日のように34度〜36度という数字を温度計が記しています。
我が家の温度計が壊れているのでしょうか?

さてそんな日、愛犬はどこでお留守番してますか?
屋外・屋内それぞれに注意して、愛犬の体調不良にならないように対策しましょう!


屋外の犬小屋
直射日光があたらない、風通しの良い場所に犬小屋を設置しましょう。
移動が困難な場合は、日差しをつくりましょう。
犬小屋そのものに窓やネットを使って風通し良くしてあげるといいですね。
プラスチックで出来た犬小屋は熱を伝えやすいので、床部や壁部にスノコを置くなど
直接触れないで済むようにするのもアイデアですね。

屋 内
屋内にも熱射病など危険はあります。
当然ですが、窓を閉め切って何もしないでお留守番させるのはもってのほか。
防犯上、問題ない窓はあけて網戸にしておきましょう。
エアコンをつけっぱなしにする場合は体温調節が出来るようにエアコンの効いていない場所へ
移動できるようにしておきましょう。

屋外屋内問わず、新鮮な飲み水をタップリ置いておきましょう。

最近では、色々な涼グッズが出ています。
自分の愛犬に向いているものがあれば活用するのもよいと思います。

「涼グッズ」は我が家の愛犬は気に入らないのか?
せっかく買っても使ってくれないことが多いです。もうやだ〜(悲しい顔)

今年の夏も元気に過ごしましょう!
posted by ケン at 11:06| Comment(0) | 愛犬との生活の知恵紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。