2012年02月23日

補修工事 「ドア枠引っ掻きキズ&壁に穴」

愛犬につけられたドア枠の引っ掻きキズを補修して欲しいとの依頼を受けました。

ご依頼者のKさんの話によると、
「本来、元通りにするには、枠を交換することですが、大掛かりな工事になる上、費用がかさむ」
とのことで依頼したそうです。

現状を把握したく拝見した所、枠の形状は保っていたので、
「ダイノックシートによる重ね貼り」をご提案しました。

壁の穴については、同じ壁紙を保管しているとのことで、
一部貼り替えの「パッチワーク」で対応。

ほか、ドアにも一部キズがありましたが、
「補修ペン(キズ消しクレヨン)」にて補修。

今回の建具のメーカーは「トステム」でした。
同じシートを支給していただこうとお願いしましたが、
断られたので、とにかく似たものを探しました。
コレが一番苦労したところかなふらふら

補修の前(最中)と補修後の写真
キズ補修前.jpg


ちょっと大きくしてみました
キズ補修拡大.jpg

作業前と後の同じアングルからの写真
(トーンが変わってしまいましたが、キズはなくなりました)
キズ補修B.jpgキズ補修A.jpg
posted by ケン at 11:01| Comment(0) | お仕事